『8月の家族たち』

舞台劇を豪華キャストで映画化した2011年の『おとなのけんか』がすごく面白かったので期待してこの作品を見てきました。

確かにメリル・ストリープジュリア・ロバーツも名演だと思いますよ、思いますけれどのべつまくなしでギャーギャー言う母親(メリル)に途中で疲れてしまいました。

父親がボートで自殺、というところはクックの『ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密』っぽいね、などと思ってみていたのですが、彼の絶望もわかるような気がします。映画のエンディングになっても何の救いもなく、なんだか置いてけぼりをくった感じでした。

母親と長女(ジュリア)の攻防戦に早々に食傷気味になってしまい、途中からは長女の夫役のユアン・マクレガーを見て、相変わらず素敵ねとか、ベネディクト・カンバーバッチのピアノの弾き語りをきいて、いいわぁなど、そんなところばかり注目して見ていました。

 

ドラマ関連です。次女役のジュリアンヌ・ニコルソンは、どこかで見たことあるなと思っていたのですが、そうそう『LAW & ORDER CI』の刑事役の人でした。化粧っけのない顔にそばかすがチャーミングです。三女はジュリエット・ルイスで、『ザ・ファーム』で主人公の秘書役をやっていました。とはいえ、映画出演のほうが断然多いですけれどね。天真爛漫でどこか憎めない感じがいつも可愛いです。

Law & Order: Criminal Intent - The Sixth Year [DVD] [Import]

Law & Order: Criminal Intent - The Sixth Year [DVD] [Import]