『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY 』

イギリスBBCが製作した『SHERLOCK(シャーロック)』は、コナン・ドイルの名探偵シャーロック・ホームズが現代のイギリスで活躍するといったもので人気を博しました。日本でカンバーバッチ・ファンが増えたきっかけになった作品ではないでしょうか。

今度はアメリカCBSが、舞台を現代のNYにして作ったのがこの『エレメンタリー』です。とはいえ、ホームズはイギリス人、薬物中毒になり、資産家の父親によって米国の施設に送られたという設定です。施設を出たホームズは、NYにある父親の家で、女性の付き添いジョーン・ワトソンと同居することになります。つまりワトソンは女性ということで、ずいぶんアレンジがきいています。

 

シーズン1はWOWOWで昨年の秋に放送、もうすぐシーズン2が始まるようです。私はDVDになったところでようやく見ることができました。シーズン3の製作も決まっているみたいです。

ホームズを演じるのは英国人俳優ジョニー・リー・ミラー、そしてワトソンはルーシー・リューです。どちらも美男・美女という感じではありません(失礼)が、そこがまた味があって良い感じです。男女のバディものとして楽しむこともできます。バディなので二人の間には男女間の感情は一切なく信頼で結ばれているのも好感持てます。

ホームズは、頭脳明晰でエキセントリック、空気読まない失礼な奴、という部分をうまく演じていて、どこか、やはり英国俳優主演の『Dr.HOUSE』のハウスを髣髴させます。ま、ハウスのほうが奇人変人ですし、役が板についていました。

私はホームズが捜査を手伝うNYPDのグレッグソン警部が好きです。こんな人が上司だったらどんなに素敵でしょう。猪突猛進型のホームズに対して、グレッグソンは冷静で包括的にものごとをとらえ、指示も的確。自己中心的なホームズに振り回されないかとワトソンを気遣う優しさや思いやりもあり完璧です。

映像はさすがにスタイリッシュですが、スリリングかといわれるとちょっとそこが弱いような。ゲスト出演者がゴージャス、例えばモリー・プライス(『サード・ウォッチ』のヨーカス巡査)やデヴィッド・コスタビル(『SUITS』S2の事務所の共同経営者)、リサ・エデルシュタイン(『Dr.HOUSE』の院長)など、これで犯人がわかってしまったりすることも。シーズン1の最終話でも最初の段階でもう先が読めてしまいました。 

などといいながらもシーズン2も見たいと思っています。


エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY  DVD-BOX Part 1【6枚組】

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY DVD-BOX Part 1【6枚組】

 

全然関係ないですけれど、エピ8でウェブデザインの会社が爆発する話しがあるのですが、そこで社員の1人が電話で「もうグリッド中心のデザインは古いんですよ」みたいなことを言っていたので笑ってしまいました。その通りだと思います。

 

下はシャーロック、カンバーバッチ主演です。

SHERLOCK / シャーロック [DVD]

SHERLOCK / シャーロック [DVD]