海外ドラマ『SHERLOCK シャーロック』 シリーズ1-3


NHKで正月(ってだいぶ経ってしまいました)放送したシリーズ3を録画したあと、しばらくしてAXNでシリーズ1と2の一挙放送をやっていました。なので、シリーズ1から3まで続けて見ることにしました。いやぁやっぱりスゴい!私の中ではぶっちぎりNo1のドラマです。

仕事から帰って夜に見ていたのですが、その時間の幸せなことといったら。カンバーバッチを見れるだけでも嬉しいのですが、加えて、計算され尽されたこだわりの映像が素晴らしいです。脚本も練られていて、見ながら何度も手を叩いたり、笑いころげたり、見入ったり忙しいです。もう完全に"I'm SHERlocked."です。

NHKが吹き替えだったので、やっぱり字幕版でもう一度見なくては、、なんて思うのですね。とはいえ、吹き替えも違和感はなく、キャラにあっていたと思います。特にマイクロフトの声は、吹き替えのほうが合っていると思えるほどです。


今やSHEROCKやカンバーバッチの熱狂的ファンはあまりにも多く、解説や近況などいろいろなページで語り尽くされていて、どれも素晴らしいと関心しきりです。もう私なんぞ、足元にも及ばないのですが、私も大好き!と(いまさら感ありますが)ここに書きたかったのです。

シリーズものとしてはS1が2010年、S2が2012年、S3は2014年として、おそろしく進みが遅いですが首を長くして待っています。シリーズ4はキャストも泣くほどの衝撃が待っているとか、いないとか。 ものすごく気になるんですけれど。