読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

遅ればせながら、やっと見て来ました。シリーズは全て見ていますが、エピソード4~6はもうほとんど忘れてしまっています。今回の7の前に復習したほうが良いというような記事があったみたいですが、そうはせずに見に行ってきました。

上映時間は長いですが、あっという間に感じました。見ながら、少しずつ思い出してきました。そしてハン・ソロとチューバッカが登場したときは、思いがけず涙腺が緩みました。忘れていたけれど、懐かしい人に再開したような、そんな感じでした。

今作品の主人公のヒロインはレイというのですけれど、デイジー・リドリーが演じています。そして彼女を助けるのがストームトルーパー(白い甲冑を身にまとった帝国の兵士)の脱走兵フィンです。フィンを演じているのがジョン・ボイエガで、2人とも英国の俳優で23歳、若いですね。

ジョン・ボイエガは『LAW & ORDER: UK』のシーズン3でマットが殉職したエピソードの後半に逮捕される青年を演じていました。また同ドラマで主演刑事の上司役のハリエット・ウォルターも出演していました。負傷したチューバッカの手当てをしているのを見て、ニンマリしてしまいました。

ドラマつながり(ちょっと無理ありますかね)で、ルーク役のマーク・ハミルは、『クリミナル・マインド』シーズン8の最後のエピソードでFBI捜査官で犯人という役をしていました。そのときはずいぶん変わったなぁという印象だったんですけれど、SWではどうでしょうか。

お気に入りドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』からは多数の俳優が出演しているそうですが、私がわかったのはレジスタンスの女性パイロット役のブライエニーだけでした。強い役が似合います。

意外な人も出演していました。私のボンド、ダニエル・クレイグが、ストームトルーパー JB007(ちゃんと007なんです)役で出ていたらしいのです。残念ながら、どのストームトルーパーなのかわかりませんでしたが、彼のようにカメオ出演している俳優や関係者が多数いるのが、SWらしいですね。

息子たちが小さかった頃、おもちゃのライトセーバーでよく遊んでいたのを思い出しました。次回作が楽しみです。まだ見ていない人はぜひ映画館へ!