読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『証言拒否 リンカーン弁護士』マイクル・コナリー

マイクル・コナリーリンカーンシリーズの最新刊です。

ローン未払いを理由に家を差し押さえられたシングルマザーが、大手銀行副社長を撲殺した容疑で逮捕されます。高級車リンカーンを事務所代わりにしている、ロスきっての人気弁護士ミッキー・ハラーは社会的注目を集める容疑者の弁護に乗り出します。

なんですけれど、今回は事務所をレンタルするんですね。新人アソシエイトも増えて、さすがにクルマだけでは無理になってきました。私のお気に入りは、強面の調査員シスコ、ドラマ『レイ・ドノヴァン』のアヴィをイメージしながら読んでいました。

検察側と弁護側それぞれのポイントが加点されたり減点されたりするのが、手に取るようにわかり、楽しめます。ハラーの芝居がかった弁護に、もし木槌があったら自分の法廷をたたいて割ってしまったであろうペリー判事に、何度も声を漏らして笑いました。

リーガル・サスペンスで、これだけ楽しめる小説もなかなかないように思います。シリーズの過去作品を読んでいなくても大丈夫です。 

この小説の中で、ハリー・ボッシュと娘がハラーのサプライズ・バースディパーティに参加するという形で登場していました。二人の会話の様子も少しですが、書かれています。

あとがきによると、ボッシュシリーズの最新刊も近々に出るらしいです。ドラマ版も米国Amazonビデオではシーズン2が今月配信されています。日本での公開もあと少しでしょうか。楽しみに待っています。

関連日記:

海外ドラマ Amazonビデオ『BOSCH / ボッシュ』