読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマ Amazonビデオ 『ナイト・マネジャー』

ジョン・ル・カレが1993年に発表した小説『ナイロビの蜂』を、BBCがドラマ化するらしいと聞いたときからずっと気になっていました。Amazonでこんなに早く見れるとは思っていなかった(なので、Amazonで公開されてから、しばらくの間気付きませんでした)ので嬉しいです。

ロケーションは、カイロから始まりスイスのツェルマット、スペインのマヨルカ島、モロッコそしてモナコまで至り、そのスケールが大きさに、ドラマだということを忘れてしまいそうになります。リッチでエレガントなホテルやスタイリッシュなレストランはどれも必見です。

キャストもゴージャスです。主役は『マイティー・ソー』のロキ役として知られるトム・ヒドルストン。さらに、お気に入りドラマ『Dr.HOUSE』のヒュー・ローリー、『ブロードチャーチ』が記憶に新しいオリヴィア・コールマン、映画『U.N.C.L.E.』のエリザベス・デビッキ(あの高身長の美しい人です)が出演しています。

下の画像を見てください。ブルーの瞳と同じ色の服が映える二人です。ヒドルストンについては、青い衣服を身に着けていることが多かったです。目の覚めるようなブルーのスーツを着こなせるには、彼しかいないでしょう。

以下ネタバレ含みます。

f:id:misasa104:20160902140015p:plain
http://www.amc.com/shows/the-night-manager

シリーズはカイロで開始します、2011年「アラブの春」の混沌の中、私たちはジョナサン・パイン(ヒドルストン)に出会います。彼がナイトマネージャとして働くカイロの豪家なホテルに到着するために、暴動を起こしている群衆を押し分けて進むのを見ます。

取り乱した観光客を助けている間、客の一人であるソフィー(オーレ・アッティカ)はパインに接触します。彼はそれを神経質に黙認します。そして、彼女が何通かの文書のコピーを頼むとき、彼はその文書は闇取引のものであると気づきます。

武器取引の世界への覗き見は、リチャード・ローパー(ヒュー・ローリー)の存在を彼に教えます。パインはその文書の重要性を知り、ファイルを英国政府に漏洩します。そしてそれは、アンジェラ・バー(オリヴィア・コールマン)のもとに届きます。彼女はロンドン諜報局のメンバーで、長年ローパーを追っていました。

そのことがきっかけで、パインはアンジェラによって、全く新しいアイデンティティを得ることになります。この後、彼はスイスの高級ホテルで働いていました。そのホテルとはローパーと彼の取り巻きが頻繁に訪れるところだったのです。

 

ローパーはとても魅力的です。外向きは億万長者の企業家であり慈善家ですが、「武器商人」という最悪のタグを持っています。知的でカリスマ性があり、想像力に富み、戦略家です。

私は、彼の言動の裏にある鋭い洞察力を想像しては、ドラマの後半からハラハラし通しでした。彼を欺くことなんて、不可能なように感じられます。これはローパーとしてのヒュー・ローリーが素晴らしかったからだと思います。

アンジェラ・バーの役どころは原作では男性だったのですが、ショーでは女性でお腹の大きいオリヴィアが演じています。彼女は実際に妊娠していました。このことは、彼女がローパーを追う動機にリアリティが増したように思います。

 

そして、このショーはヒドルストンのために書かれたといってもいいのではないでしょうか。彼の魅力が満載です。とはいえ、毎回脱がなくてもいいと思いますけれどね。次のボンド役が近づいたかもしれません。

 

ロケーションについて書かれた記事です: