海外ドラマ Netflix『Happy!』そして『ウェット・ホット・アメリカン・サマー: キャンプ1日目』

Netflixのトップ画面に表示された予告編を見たら、釘付けになりそのまま1話目を見ました。何も知らずに見たのですが、主人公が『Law & Order SVU』のクリストファー・メローニだと気づくのにそれほど時間はかかりませんでした。

漫画が原作なので、いかにもアメコミっぽくて楽しめます。けれども、小さくてポップな青いユニコーン(というか見た目はロバ)が出てくるからと油断して、子どもと見てはいけません。クレイジーで、グロテスクで、大人シーンが満載です。監督・脚本が同じだけあって、映画『アドレナリン』を彷彿させるようなシーンもあります。

このドラマを見続けたのは、タイプキャストから大きく外れたコミカルなメローニが見たかったから。もろ好み、好きです。彼の走り方もコミックそのもの。すごくハマっていると思います。

f:id:misasa104:20180504190900p:plain
Happy! | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

お金のために暗殺の仕事を請け負っている元警官ニック・サックス(メローニ)は堕落した生活を送っています。一仕事を終えた後に心臓発作で倒れたニックは、病院で小さい青い馬が飛んでいるのを見ます。話しをきけば、ヘイリーという名前の女の子が誘拐されたので、助けてほしいと言うではありませんか。

最初こそ、死に際に見る幻覚だと相手にしなかったニックですが、あることをきっかけにその存在を確信するようになります。その馬の名前は「Happy」!

ニック以外にはHappyが見えないので、誰かがいるところで会話する必要があるときは「今から、見えない馬と話すぞ」なんてお断りを入れるあたりがかわいい。

私は目的がメローニなので、画面にニックが登場しないシーンは少々退屈でしたが、最後まで見ました。ラストがどうなるか想像できていたにも関わらず、 ヘイリーと会ったときの彼をどうしても見たくてー。最後のシーンは最高にかわいいです。え?もちろんクリストファー・メローニが。

 

実はコミカルなメローニは、Netflixで配信している『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』というとんでもドラマでも見ることができます。これは2001年に米国で公開された同名映画をドラマ化したミニシリーズで、サマーキャンプ初日を描くドタバタコメディです。

f:id:misasa104:20180511134518p:plain
ウェット・ホット・アメリカン・サマー: キャンプ1日目 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

キャンパーの中に、明らかに40代くらいの俳優が若者として(ええ、ティーンエイジャーの恰好をしています)混じっているので、何も知らずに見ると少々混乱するかもしれないです。これは2001年で演じていた俳優がそのときの役をやっているからなんです。

しかも、そのメンバーがとってもゴージャス。映画公開時には無名だった俳優たちしっかり出世したというわけです。あのブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』)やポール・ラッド(『アントマン』)、エイミー・ポーラー(『インサイド・ヘッド』)など、もっといます。それもみんなしょーもない役どころで。ほんと、何やっちゃってんのよ(と、画面に向かって何度言ったことか)。

それだけじゃありません。あのジョン・ハム(『マッドメン』でエミー賞受賞)、クリス・パイン(『スター・トレック』シリーズ主演)、ジェイソン・シュワルツマン(有名なコメディアン)クリステン・ウィグ(『ゴースト・バスターズ』)など、すごい顔ぶれがゲスト出演しています。

悪趣味なんだけど、ゲラゲラ笑いながら見ました。心をデトックスしたい方はどうぞ!