misasa104の海外ドラマ日記

海外ドラマについての感想を思い立ったときに書いています。

海外ドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』シーズン4 そしてオーレンス橋

前の日記に書いたんですが、先月娘とデンマークスウェーデンフィンランドの3カ国をめぐる北欧旅行に行ってきました。旅行2日目、コペンハーゲンからスェーデンに渡り、その帰り道に『THE BRIDGE』の舞台になっているオーレンス橋をバスで渡ってきました。この橋はデンマークの首都コペンハーゲンスウェーデンのマルメを結んでいるんですが、どうしてもマルメからコペンハーゲンへ渡りたくて、ぐるっとまわってマルメからバスに乗りました。旅行記に書いたので、よかったら見てください。
mina66.hatenablog.com


さて、ドラマはついにファイナルシーズンが終了しました。旅行から帰ってから、最終エピソードを見ました。以下、ネタバレ含みます。
f:id:misasa104:20181006151327p:plain
Bron | SVT.se
サーガは制限された環境に対処していましたね。なんとなく想像はしていたものの、その姿は痛々しいものでした。その頃、政治的な問題に直結しそうな儀式的な殺人事件が起き、ヘンリックは捜査に乗り出します。犠牲者は、デンマーク入国管理局の局長マーガレテ・トアモウ。イラン人の追放訴訟で勝利したことをシャンパンで祝っている映像が流れたあとスキャンダルに巻き込まれます。

そのひどい殺人はほんの始まりでした。イランの反体制派のタリリックが、コペンハーゲンのゲイバー・ネットワークの助けを借りてマーガレテの追放命令をなんとか回避しようとしたり、スウェーデンの左派勢力グループ、レッドオクトーバーによるネガティブ・キャンペーン、薬物中毒で残忍なタクシー運転手の妻と息子の失踪など、事件はいくつものイベントが交錯し、複雑になってゆきます。

サーガは刑務所内で襲撃されましたが、どうにか生き残りましたね。まさかここで死んでしまうとは私も思っていませんでしたが。その後、刑事に復帰できるかどうかの評価テストを受けて、彼女は復職します。サーガはヘンリックの依頼で、コペンハーゲンでマーガレテ殺人捜査に参加することに。

彼女はチームに入ってすぐに、壁にあるすべての写真と情報を自分好みに並べ替えます。サーガが唯一困惑したのは、コペンハーゲン警察署のフリーアドレス制のようでした。数日後にサーガは自分専用の机を持ち込みます。

サーガが自分のアパートを借りるまで、ヘンリックはサーガに自宅の鍵を渡します。彼らの距離がさらに縮まったことで、サーガは行方不明になっているヘンリックの妻子について再び関心を寄せ、彼女は自分で調査を開始します。


10代の姉妹が通行人のバッグから銀のスマホを盗むのを私たちは目撃します。彼女たちの盗んだスマホはマーガレテ殺人に関連して使われていたことがわかりました。二人は尋問のためコペンハーゲン警察に連行されます。はい、私はストリードチルドレンのジュリアとイーダを見て、これはもしかしたらヘンリックの娘たちでは?と思いました。そうであってほしいと。しかし、、違っていました。ヘンリックは後に、自分の子だったら見た瞬間にわかると言っていましたね。

施設に預けられなかった彼女たちを一晩だけヘンリックの自宅に泊めたエピソードは、心温まるものでした。けれども、彼女たちがその後にしたことはヘンリックを落胆させます。

今シリーズで最も驚いたのは車中でサーガがヘンリックに放った一言です。まるで今朝何を食べたかを話すくらい普通に妊娠していることを告げました。そのときのヘンリックの顔といったら。ショックから立ち直り、まず確認したのは、自分が父親なのかどうかということでした。サーガの返答は「この2年間はあなたとしかしていない」。

サーガは子育てには向いていないけれど、ヘンリックが育てればいいじゃない?サーガは母性はないかもしれないけど、母親としてやっていけるんじゃない?とか私は思うわけです。期待してしまいましたけれど、実際にはそうはなりませんでした。なぜなら、サーガがヘンリックに恋をしてしまったから。「恋をしている」というサーガに、ヘンリックは「そんなはずはない」と反論します。ヘンリックは冷たいように思うかもしれませんが、サーガがしたことへの怒りと喪失感はよく理解できます。


シリーズの最終エピソードはハラハラしましたが、全体として良かったと思います。最後、橋の上でふっきれたようなサーガの横顔が印象的でした。また10年後とかに再開してくれないかなぁと思うのは私だけでしょうか。


ほかの北欧ドラマをいくつか紹介します。
『ボーダータウン 犯罪が眠る街』Netflix
フィンランドとロシアの国境付近の田舎町ラッペーンラッタという町が舞台です。ひょろっとした中年刑事が主人公。途中まで見ました。
『DEADWIND: 刑事ソフィア・カルピ』Netflix
女刑事ソフィア・カルピは、ヘルシンキにあるゼネコンと関わりを持つ女性が殺された事件の捜査にあたります。1話のみ鑑賞済み。
『BELOW THE SURFACE 深層の8日間』スーパー!ドラマTV
先週から始まったコペンハーゲンのドラマ、面白くなるでしょうか。