読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

マーベルコミックスはあまり詳しくない(といつも書いています)のですが、キャプテンが好きなのと、『アントマン』が意外に良かったので見てきました。CMにつられたというのもあります。以下ネタバレ含みます。

 

f:id:misasa104:20160512083247p:plain
http://marvel.disney.co.jp/movie/civilwar.html

この映画はマーベル初心者向けではなかったですねー。一緒に見に行った娘は「スパイダーマン」と「アントマン」くらいしか見ていないので、かなりハードルが高いようでしたが、それなりに楽しんでいました。私もあまり変わらないんですけれどね。

内容は、少し前に見た『バットマン vs スーパーマン』にも通ずるところがありました。個人的にはキャプテン推しなんですが、今回のもめ事については、スタークの大人対応に共感しました。ここは人によって意見が分かれるところでしょうか。

意見の相違で争いにまで発展し、仲間が勢ぞろいします。ここは多数決とかではダメだったんですね。格闘シーンは、それぞれの得意分野の見せ場がちゃんとあって、見応え十分でした。後から加わったメンバーが、戦うに至った原因を知っていたかどうかは気になりますが。

新メンバーといえば、スパイダーマントム・ホランドは可愛かったです。クリス・ヘムズワースとの共演作『白鯨のいた海』では、疲れた少年船員役でしたが、こちらは若さいっぱい溌剌としていました。

 

この映画のあと、娘はDVDをレンタルして、過去のアベンジャーズとキャプテン・アメリカのシリーズを全て見ていました。

なので、私も一緒になって過去2作のキャプテンを見直し、アベンジャーズも最新のものだけ見ました。そのおかげで今までよくわからなかったことも、多少は理解できたと思います。それにしても、キャプテンを見るならアベンジャーズも押さえておかないとわからなくなってしまうんですね。

エンドロール途中と最後にあるおまけ(特典)映像は、マーベルの次作品への予告のようになっています。これはずるい、気になってしまうではないですか。

追記(2016/05/14)
Netflixのトーク番組『チェルシー』で、チェルシークリス・エヴァンス、セバスチャン・スタン、エミリー・ヴァンキャンプ、そしてフランク・グリロを招いたディナーの様子が見れます。私もクリスと同じで、グリロが血を吐いた理由は何だったのか知りたかったです。そして、ハリウッドでの賃金格差問題についても触れています。

関連日記:
『キャプテン・アメリカ』デビュー