読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマ Netflix『女刑事マーチェラ/Marcella』

海外ドラマ

Netflixで『リバー』を観た人におすすめ(リコメンド機能 )と出てきたので、見てみました。こちらも面白かったです。『リバー』はかなり変わった刑事が主人公でしたが、こちらも負けてはいません。

この物語は、スウェーデンの作家ハンス・ローセンフェルトによって書かれています。彼はドラマ『THE BRIDGE』の脚本家であり、小説『犯罪心理捜査官セバスチャン』シリーズ(ここにも書いています)で人気の作家でもあります。と知ると、一筋縄ではいなかい犯罪ドラマという気がしてくるでしょう?以下ネタバレ含みます。

 

f:id:misasa104:20160902200628p:plain
http://www.missiondigital.co.uk/marcella/

未解決の連続殺人事件に似た、新たな殺人が発生します。このことがきっかけで、当時の担当刑事マーチェラ(アンナ・フリエル)は、復職を決意することにします。彼女は、自分のもとから去った夫のことで苦しんでいました。

彼女は『THE BRIDGE』のサーガのように、芯が強くて孤独で複雑です。そして精神的に深刻な問題を抱えていました。コントロールできない怒りが引き起こされるとき、彼女はブラックアウトしてしまいます。本人はある一定時間記憶が欠落するため、意識がなかったという自覚があり、そのことで怯えています。

事件そのものは非常に残忍で充分恐ろしいです。けれども、マーチェラの空白の時間を想像すると、もっと怖くなってしまいます。スレッドはいくつも重なり、捻じれます。視聴者はいくつも用意された「燻製ニシンの虚偽」に惑わされずに、犯人を見つけることができるしょうか。

 

海外ドラマファンには嬉しいキャスティングがあります。『Law & Order: UK 』の1stシーズンのマット役のジェイミー・バンバーがこちらも刑事役で、また『ダウントン・アビー』の伯爵家の次女イーディス役のローラ・カーマイケルが、犯罪者を研究する学生で出演しているので、それも楽しめます。

 

このドラマを面白く、興味深く見ましたが、登場人物に共感できる人は一人もいませんでした。これってなかなか珍しいことです。 

シーズン2が制作されるという記事に、マーチェラ役のアンナ・フリエルの写真が載っていました。実際、美しい女優さんですが、このドラマではその美しさを封印しているように思いました。

 

関連日記:
海外ドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』シーズン3
小説『犯罪心理捜査官セバスチャン』M・ヨート&H・ローセンフェルト