misasa104の海外ドラマ日記

海外ドラマ(ごくたまに海外ミステリ小説)について忘れないように書いています。

海外ドラマ ITV『刑事モース~オックスフォード事件簿~』Endeavour シーズン5 Epi3(Case20)

WOWOWで見ました。最近はモースを見るためだけのWOWOWになっています。なぜか2話ずつ公開されるので、段々と何シーズン目なのかわからなくなってきました。こちらのCase20『殺意を誘う列車』(Passenger)はシーズン5のエピソード3、続くエピソード4は今年2月にロンドン旅行に行ったときにテレビで放送されていたCase21『失われた英雄』(Colours)です。そのときは眠ってしまったんですが、やっと日本で見ることができました。

通常は1シーズンに4つのエピソードですが、このシーズンはエピソードが6まであるので、ちょうど中間のエピソードになります。オックスフォード市警は他の部署と統合されてテムズ・バレー警察になっています。モースが捜査中に名乗るときに言う「テムズ・バレー警察のモース巡査部長」が、まだピンときません。そのうち慣れるでしょう。

以下、ネタバレ含みます。
f:id:misasa104:20181111095202p:plain
Endeavour - Watch episodes - ITV Hub

このエピソードでは2つの事件が描かれます。駅の貨物操車場でトラック運転手が何者かに殺され、積み荷が奪われる事件と、女性の失踪事件です。トラック運転手の事件は強盗課と合同捜査をすることになり、新米の刑事巡査ジョージ・ファンシーがアサインされます。強盗課から来たDIボックスとDSドーソンは、この時代背景に程よくマッチするハラスメント・コンビになっています。

一方でモースは失踪事件を担当します。失踪したのブティックの店員、フランシス・ポーター。夫と妹が心配し警察に届け出ます。失踪したその日、フランシスは店の服や靴を借り、妻子あるドンという男と会っていたことがわかりました。

モースはフランシスが最後に目撃された場所から列車のルートをたどり、閉鎖された駅を見つけました。そして、もう使われていないプラットホームの倉庫で、フランシスの死体を発見します。死体の様子から、オックスフォード・メールの編集長フレーゼルは、4年前に起きたリンダ・グレシャムの殺人事件とのリンクを疑います。


フランシスが勤めていたAlice's Marmalade Catというサイケデリックな店や女性たちが身に付けているヒッピーファッションの雰囲気と、今回のエピソードで取り上げられた年代ものの列車の落ち着いた装飾の雰囲気は対照的でした。

モースというとオックスフォードの美しいシーンが多いですが、このエピソードで最も印象的だったのは、ジョアンとモースの屋上シーンです。ジョアンは新しい住まいから見える尖塔の風景をモースに一目見せようと、フラットパーティに訪れた彼を屋上へ連れ出します。「この眺めに惹かれたの」と言うジョアン。彼はジョアンとは離れた場所から彼女とその背景を見ています。「そこじゃ見えないでしょう?こっちに来て」という言葉にモースは「君がこっちに来て」と返します。

その後、ジョアンに「会わせたい人がいるの」と言われたときのモースの表情。知り合いの女性をモースにセッティングしようとするその提案は、遠まわしではあるけれど決定的な拒絶でもありました。モースは期待し続けているけれど、ジョアンはそれに応える気はなさそうです。躊躇い、ショック、悲しみに蓋をして、礼儀正しく振舞おうとするショーン・エヴァンスの繊細な演技は素晴らしいですねー。モースはパーティに来たばかりなのに、仕事を理由にその場を立ち去ります。あぁモース、もうジョアンのことは放っておきましょうよ。

モースは悲しい結果になりましたが、新米刑事ジョージとトルラブ巡査は温かい交流を深め、さわやかカップルになりそうです。

最終シーンではロバート・ケネディが暗殺されたというニュースがラジオで流れ、タイムスタンプが付きました。この年、1968年はマーティン・ルーサー・キングが暗殺された年でもありました。

www.youtube.com


海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~』シーズン1
海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~』シーズン2
海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~』シーズン3