海外ドラマ Netflix『Happy Valley』シーズン2

Netflixにシーズン2がアップされているのを発見し、すぐに見ました。5月くらいだったと思います。シーズン1を見ていない人は先にそちらを見たほうが楽しめるでしょう。

今回は、メインの事件と平行してもうひとつのサブストーリが描かれます。どちらも灰汁の強い(という言い方はかなりソフトだと、鑑賞後には感じるはず)女性たちが登場し、磁石のごとく吸引力を発揮します。強く引き付けられますが「惹きつけられる」のではないです。以下ネタバレ含みます。

f:id:misasa104:20170806132044p:plain
http://www.bbc.co.uk/programmes/b06zqjpj

主人公は女性警察官のキャサリン(サラ・ランカシャー、写真右)、レイプされ、息子を産んですぐに自殺した娘の母親で、現在はその孫を育てています。

最初のエピソードでトミー・リー・ロイス(ジェームズ・ノートン)の母親が死体となって発見されます。ロイスとは、キャサリンの孫の父親、つまり娘を死に追いやった張本人(少なくともキャサリンはそう思っています)で、現在服役しています。 

彼は所内で母親の悲報を聞き、母を死に追いやったのはキャサリンだと思い込みます。思い込んだら一直線、その辺の思考回路が単純でいけません。ですが、顔だけみたら、いけてる、そう、彼はハンサムなんですよね。

というわけで、彼には強力なファンがついています。死んだ姉になりすましたフランシス(シャーリー・ヘンダーソン)は、足繁く刑務所を訪れ、ロイスを慰めます。ロイスと面会しているときのヘンダーソンの演技が素晴らしい。囁き声と身の捩らせ方が得も言われぬ雰囲気を醸し出しています。

 

彼女は、『ハリー・ポッター』シリーズに登場した「嘆きのマートル」役の女優さんですが、調べてびっくり。現在51歳ですって。とても見えません。マートルだって女子学生みたいな感じでしたよね?そのとき、ヘンダーソンは40歳くらいでしょうか?ときどき彼女の役が不気味に見えるのは、年齢不詳のオーラのせいなのかもしれません。

 

そのフランシスは、なんとキャサリンの孫の担任になっていたのでした。 子どもの先生が狂信的であることほど、怖いことはないと思いませんか。

 

キャサリンの同僚の身に起きた悲劇、連続殺人犯をとりまく悲劇、相変わらずアンハッピーで暗いドラマですが、キャスティングは最高です。そして私はこの秋、ワインレッドとグリーンの洋服が買いたくなりました。イギリスらしいファッションにも注目してください。

 

関連記事:

海外ドラマ Netflix 『Happy Valley』シーズン1