BBC 料理コンテスト『ブリティッシュ ベイクオフ / The Great British Bake Off』シリーズ4

ブリティッシュ ベイクオフ(ブリベイ)は2010年の放送開始以来、イギリスで絶大な人気を誇るテレビシリーズです。イギリス人なら知らない人はいないのではないでしょうか?

日本でも見れると知り、わたしが検索したときはすでに放送が終了していました。その後ツイッターで、シリーズ4の再放送を知り、さっそくDlifeで見てみることに。

そして毎週この番組を見るのが楽しみになりました。お菓子作りにまったく興味のない、私と娘を夢中にさせたシリーズです。

f:id:misasa104:20180629125641p:plain
ブリティッシュ ベイクオフ|【全国無料のBSテレビ局】Dlife/ディーライフ公式

 

ブリベイとはイギリス全土からケーキやパンなどのベイキングに自信のある一般から選ばれた参加者(ベイカー)が腕を競い合う、笑いあり涙ありの料理コンテストの番組です。

司会進行はコメディアンのスー・パーキンスとメル・ギエドロイクの女性二人です。彼女たちは、ベイカーたちが料理をしている間、彼らを励まし、緊張をほぐすための笑いを提供します。審査員は料理研究家メアリー・ベリー(おばあちゃん)とシェフのポール・ハリウッドが担当します。

各エピソードで、ベイカーは3つの課題に挑戦します。

(1)オリジナルチャレンジ
この課題は、ベイカーが友人や家族のために作ったレシピを使います。それぞれが前もって予習をしてきているようです。

(2)テクニカルチャレンジ
事前に何を作るのは知らされておらず、会場で与えられた簡単なレシピ(温度や焼く時間などが省かれています)と材料で作成します。

(3)マスターピースチャレンジ
事前に用意したレシピで、各ベイカーがスキルと個性を競います。優れた見た目と味が求められます。

これらのチャレンジは、2日間にわたって行われます。毎週、ベイカーは審査されて、その週で最も優秀だった人が「スターベーカー」の称号を得、最も評価が低かった1~2名が脱落していきます。最後のラウンドでは、3名のベーカーが残り、その中から優勝者が決まります。

 

今までに見たことも聞いたこともないようなケーキやパイ、菓子パンなど、その作成工程を見るのは思いのほか、楽しいです。また、ベイカーたちの様々な顔を見れるのも魅力です。イギリスで絶大な人気がある理由がわかります。

 

続けて、シリーズ5が7月2日(月)20:00からスタートします。ぜひお見逃しなく。#途中から見ても楽しめますよ!

ブリティッシュ ベイクオフ シーズン5|情報・バラエティ・その他|Dlife/ディーライフ公式

夏に向けて、少し痩せなくちゃね、と思っているのに、これを見ると無性に小麦粉のお菓子が食べたくなってしまうんですよね。 わたしは作らず、もっぱら買って食べるだけなんですが。

海外ドラマ『ホームランド』シーズン7

ワールドカップ、日本チームは頑張っていますねー。私はあまりサッカーには詳しくはないんですが、応援しています!

さて、『ホームランド』ですが、FOXで毎週見ていました。シーズン8で終了らしいので、これが最後から1つ前のシリーズになります。毎週録画して見ていたんですが、最終話は違う番組(リゾーリ&アイルズ)に変更されていたので少々焦りました。でも大丈夫、Huluで見れました。

以下、少々ネタバレ含みます。

f:id:misasa104:20180624103000p:plain
HOMELAND シーズン7|FOX|FOX ネットワークス

昨シーズンの終わりに、キーン大統領(エリザベス・マーヴェル)は、ソール(マンディ・パティンキン)を含む諜報機関のメンバー200人を、クーデターに関与したとして投獄しました。

シーズン7では、キャリー(クレア・デインズ)はホワイトハウスの仕事を辞め、姉マギー(エイミー・ハーグリーブス)の家に、娘と住んでいます。キャリーは得意のスパイ活動(テロリストにではなく、自国の政府に対してですが)をしています。

 

以下、感想です。

①フラニ

姉のマギーと喧嘩し、興奮してフラニーを連れて家を飛び出したキャリーはモーテルに行くんですが、カードが利用できず部屋を借りれませんでした。そんな路頭に迷った親子を救ったのはダンテでした。

ダンテの家に入れてもらい一安心するも束の間、キャリーはダンテと言い争い(何が原因だったか、もはや覚えていないんですが)を始めます。キャリーはいつもの剣幕でダンテに詰め寄りますが、それを見ていたフラニーは可愛いらしい声で母親を呼び、ダンテから引き離します。そしてキャリーにきっぱり言います。

"Don't !"

母親よりも自分たちが置かれている状況をきちんと理解しているフラニー。不遇な環境に置かれることが多かったのにエライ!

②キーン大統領

今シーズンの脚本を書いていた時点で、アメリカの次期大統領がクリントンになることを想定していたのかしら、なんて想像して見ていました。女性大統領としてのキーンは感情的・自己中心的で、魅力に欠けていました。わたしとしては、ジェンダーステレオタイプを覆すような描き方にしてほしかったなぁと思います。

③ダンテ

ダンテが逮捕される絶妙なタイミングは、まさに『ホームランド』らしいと感じました。これを見ていたら、シーズン3でブロディが捕まったときのことを思いだしました。わたしは、こういうプロットがキライです。

ダンテは確かにアメリカを裏切りましたが、その代償は大きかったですね。彼が最後にキャリーに電話で告げたことは、良心から来るものだったと思います。

④キャリー

キャリーの双極性障害に関するスレッドは今までに何度も繰り返されているので、つい「またか」と思ってしまいます。そして、クレア・デインズの演技が少々過度に見えるのはわたしだけでしょうか。

彼女しかできない「重要な」仕事のせいで、娘や姪を危険にさらしたり、PCをハッキングされたり、ミスも目立つようになってきました。

また、ダンテの尋問中にしかけた罠に対しても、ほとんど責任を感じていないようでした。大儀のためには犠牲をも厭わないというのもわかりますが、どんどんエスカレートしてきているように感じます。

 

とかいいつつも、わりと楽しんで見ていたんですが、終わってみると、結局何の話しだったんだっけ?という感じ(単に集中力の欠如かもしれません)になってしまいました。最終シーズンまで見届けたいと思います。

関連記事:

海外ドラマ Showtime『ホームランド』シーズン6

海外ドラマ Netflix『女刑事マーチェラ / Marcella』シーズン2

ロンドン旅行のあとに書いた日記で、『マーチェラ』のシーズン2が本国で放送されていると書いたんですが、ついに日本でも見れるようになりました。まぁまぁ早いのではないでしょうか。

シーズン1が2016年の夏ころだったので、約2年ぶりです。前シーズンの日記にも書いたのですが、北欧ドラマ『THE BRIDGE』のクリエーターであるハンス・ローセンフェルトが、脚本・監督をしています。ですので、イギリスドラマにもかかわらず、北欧ノワールっぽいシリーズになっています。

 

ちょっと脱線しますが、『THE BRIDGE』は7月下旬に最終シーズンがスパドラで放送されるようです。いよいよ最後と思うと寂しいですね。

THE BRIDGE/ブリッジ シーズン4:スーパー!ドラマTV

 

以下、犯人には触れていませんが、ストーリーのことは書いています。

f:id:misasa104:20180613142129p:plain
女刑事マーチェラ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト 

マーチェラ(アナ・フリエル)はイギリスの刑事です。このシリーズでは、マーチェラの警察の仕事と私生活が描かれ、それらがツイストします。

ビルの屋上のオープニングシーンで、マーチェラは暗い場所にいることがわかります。彼女がなぜそこにいるのかを見るために、物語は2週間前に巻き戻ります。そして、彼女の身に起きたことを知れば、想像したよりもっと暗い場所にマーチェラがいたことがわかります。

 

彼女には、2人の子ども、エマ(姉)とエドワード(弟)がいます。彼らの父親ジェイソン(ニコラス・ピノック)とは既に離婚をしています。マーチェラは、元夫に暴力を振るうことがありますが、彼女はまったく覚えていません。シーズン2では、そのことを最終的にジェイソンに認めます。そして、彼女は催眠術師と治療を開始し、ブラックアウト中に失った記憶を回復しようと試みます。そもそも、ブラックアウトするきっかけとなったのは、3人目の子ども、娘がまだ赤ちゃんだったときに亡くしたことでした。

シーズン2になると、ジェイソンはベッキー(ヨランダ・ケトル)という若くて美しい女性と付き合っています。彼は子どもたちの単一親権を求めており、子どもを連れて、ベッキーと共に転勤先のシンガポールに行きたいと考えています。

#ジェイソンにどんな魅力があるかわからないんですが、前シーズンでもそうだったけど、すぐに美しい女性と付き合えるという・・、いいんですけれどね。

 

そして仕事のほうでは、少年の殺人事件を捜査することになります。殺人事件を解決するまでには、何人かの容疑者、多くの手がかりを得ますが、それはときに誤った捜査、間違った推理をもたらします。それでも、エピソードごとに新しい事実が発覚し、いくつかのサブプロットによって何が起こっているか興味深いヒントを与えられます。

容疑者には、小児性愛者、金持ちの男性、往年のロックスター、社会に順応できない兄妹などが含まれていました。

#わたしは最後まで犯人がわからなかったです。でも振り返ってみると、確かに伏線はあったなぁと思います。

 

催眠術の治療の過程で、マーチェラはいくつかの手がかりを得ます。そして、最終的には、シーズン1で何が起こったのかも思い出します。また、記憶をロックした原因になった、娘の死についても明らかになります。

 

シーズン3があるのを期待しています。あるとしたら、マーチェラの上司で、個人的にも付き合っていたティム(ジェイミー・バンバー)についての言及も含めてほしいです。そして、何よりもマーチェラの今後が気になります。次シーズンで彼女が何になるかは想像できますが、どういった展開になるんでしょう。

 

#今回、ポニーテールの結ぶ位置が一段と上がってきたなぁと思っていたら、最終エピソードのあのシーンのためだったんでしょうか。それにしても、最後に彼女がしたことはどういった心理だったんでしょう。コワーイ!

 

関連記事:

海外ドラマ Netflix『女刑事マーチェラ/Marcella』

海外ドラマ Netflix『エイリアニスト / The Alienist 』

このシリーズは豪華キャストが共演していることで、公開される前から話題になっていました。なので、公開と同時に見始めたんですが、最後まで見るのに時間がかかってしまいました。なぜなら、このドラマを見始めると必ずといっていいほど、寝落ちしてしまったからです。それで1話を何日もかけて見たりしていたんですが、しばらくは見るのをやめていました。

物語としては昨年の『マインドハンター』と少し似ているかもしれません。マインドハンターは1970年代でしたが、こちらは更に1896年にまで遡り、現代の犯罪学の起源を探ります。ゴージャスでゴシック様式のコスチュームは『リッパー・ストリート 』のよう、そして街の雰囲気は『The Knick』のようです。

また、『マインドハンター』でもそうでしたが、実在の人物と架空のキャラクタが混在して出てきます。たとえば、セオドア・ルーズベルト(大統領になる前の警察本部長として)、J.P.モルガン(モルガン財閥の創始者)やビフ・エリソン(ギャングのボスらしい)など。さらに『リッパー・ストリート 』(1889年)のアメリカ人外科医ホーマーが試みたように、ここでも革命的な新技術として指紋法などを取り入れる姿が描かれています。

ね?もろ好みって感じがするでしょう?でも、見ていると寝てしまうんですよねー。疲れているだけでしょうか。

f:id:misasa104:20180607150207p:plain
エイリアニスト | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

シリーズは、ウィリアムズバーグ橋の建設現場で、まだ少年の女装した男娼の遺体が発見されたことから始まります。殺人事件のニュースを聞きつけると、精神科医ラズロ・クライズラー(ドイツ出身のダニエル・ ブリュール)は、友人でニューヨークタイムズイラストレーター、ジョン・ムーアルーク・エヴァンスを現場に出向かせます。

ムーアは夜間活動(売春婦とのロールプレイング!)から引き離され、殺人事件へ向かいます。ムーアから入手したイラストを見たクライズラーは、自分の患者であった少年とその妹が殺された事件を思い出し、同一犯の仕業だと確信します。

 

新たに警察本部長に任命されたセオドア・ルーズベルト(ブライアン・ジェラティ)は、当時の腐敗した警察体質の改革を望んでいる唯一の公務員です。殺人犯が再び凶行に及ぶ可能性が高いと考えた彼は、クライズラーたちに秘密裏に調査することを許可します。ルーズベルトとクライズラー、それにムーアはハーバード大学時代からの友人でもありました。

#シャーロックホームズのように警察外部への捜査協力はフィクションではよくあることです。シカゴPDで降板したブライアンがルーズベルトをしていて嬉しくなりました。PDのときにはすごく若いと思っていたのですが43歳なんですね。

 

クライズラーはチームを組み立て、本格的な捜査に乗り出します。チームに参加するのはハンサムな友人ムーアとサラ・ハワードダコタ・ファニング、大人になりましたね)。サラは、初のNYPDの女性職員で、ルーズベルトの秘書をしています。彼女はタイプライターで書類を作成するよりも、刑事のように事件を追うほうが合っているようです。当時のこれ見よがしの女性ハラスメントにも動じず、自宅でコルセットをはずした後、優雅にタバコを吸っているような女性です。そして双子だけれども全く似ていない捜査官、アイザックソン兄弟(ダグラス・スミスとマシュー・シアー)によって、最先端の法医学専門知識が提供されます。 

#チームメンバー、一人ひとりを見れば、かなり魅力的です。こんなチームで仕事がしたいものです。

素敵なんだけれど、キャラクタの魅力が最大限に引き出せていない気もします(ってかなり上から目線です、すみません)。自分を知ることが大事なのはわかりましたが、それぞれが辛かった過去に向き合うために時間を費やします。#それってそんなに必要なことだったんでしょうか?

私は、どこかミステリアスで静かなメイドのメアリー・パーマークオリアンカ・キルヒャーが好きでした。彼女は話せないので誰とも対話はしませんが、他のキャラクタがする散文的なスピーチや独白よりも、彼女の表情のほうがずっと奥深い情感が伝わってきました。#皮肉ですねー!

 

関連記事:

海外ドラマ Netflix『マインドハンター』
海外ドラマ『リッパー・ストリート』シーズン3まで
海外ドラマ Hulu『The Knick/ザ・ニック』

 

海外ドラマ Hulu『ヒューマンズ』

このドラマ『ヒューマンズ』が、アンドロイドを描いたものということくらいは知っていました。それで、SFが少々苦手の私は避けていたんですが、ついに見たいクライムドラマがなくなり、Huluのポータル画面のスライドショーにあった(新しくシーズン2が配信となったから)『ヒューマンズ』を見てみることにしました。

いつもながら、何も知らずに見たわけですが、アメドラと思い込んでいたら、舞台はロンドンでした。それで俄然興味が湧いてきました。私のイギリスドラマに対する信頼は高まっているようです。実際、見始めたら、ほんとうに途中でやめられなくなりました。このドラマに入り込んでしまうと、思いがけず泣いてしまうことがあるかもしれません。

 

調べてみると、これはスウェーデンドラマ『Real Humans』をリメイクしたものだということがわかりました。そして、ハラハラ緊迫するシーンはまるで『MI-5 英国機密諜報部』みたいだなぁと思っていたら、脚本がMI5を担当していた人と同じなんですね。

 

ドラマの中心は 「シンス」と呼ばれるアンドロイドで、これが素晴らしく良く出来ています。何人かの人間とシンスが同じフレームに収まっているシーンでも、どれがシンスなのかは一目瞭然です。

スェーデン版のトレーラーをYouTubeで見たのですが、オリジナルのほうがアンドロイドの見た目が作り込まれていて、よりSFっぽく感じました。こちらの英国版は、シンスが絶妙に人間らしく作られています。

これは、可能な限り人間に近づけた近未来ロボットというコンセプトなのかもしれません。さらには、シンスの言動もさもありなんと思えるのだから、いかによくできているか想像がつくでしょう?私はSFを見ている気がしませんでした。

以下、少々ネタバレ含みます。 

f:id:misasa104:20180527153124p:plain
Humans - All 4

弁護士のローラ(キャサリン・パーキンソン)が仕事で家を空けている間、夫のジョー・ホーキンス(トム・グッドマン・ヒルは、家事の手伝いと3人の子どもの世話のため、人間型AIロボット"シンス"を購入します。ローラが常々「シンスは子どもの教育によくない」と口にしていたにもかかわらず、です。

ローラが出張から戻ると、シンス(ジェミマ・チャン、魅力的です)がいて、家の中がきれいになっていることに驚きます。そればかりか、末っ子の娘ソフィー(ピクシー・デイビスが自分の知らないシンスに懐いていることにショックを受けます。ティーンエイジャーの長女マティー(ルーシー・カーレスはローラとは別の理由で、シンスに対して良い印象を持っていませんが、マティの弟トビー(テオ・スティーブンソン)は、一緒に暮らす魅力的な女性を持つことに興奮します。

その後、家族で話し合った結果、とりあえず使ってみて、ダメなら返品しようということになります。そして、シンスの名前をアニータと決めました。

 

謎の青年レオ(コリン・モーガン『魔術師マーリン』いい味出してます)とマックス(アイヴァン・ジェレマイア)は離ればなれになった仲間を探しています。マックスはシンスなんですが、どこかシンスらしくありません。

フラッシュバックシーンでは、レオたちが森の中にいたとき、いくつかのシンスが何者かに拉致されてしまいます。その後フレッド(シンス)は、シンスが人間的な性質を持つことを恐れている科学者グループによって検査されます。そして、アニータ(そのときの名前はミア)はリサイクルされたようです。

 

一方、ロンドンの別の場所では、かつてはシンス開発に携わっていた元科学者ジョージ・ミリカンウィリアム・ハート、役にぴったり)が、壊れている旧式シンスのオディ(ウィル・テューダー、素晴らしい!)を大切にしています。なぜなら、オディは、今は亡き妻のことを思い起こさせてくれる唯一の存在だからです。確かにオディは妻との思い出を記憶領域に保存しています。

しかし、地元の保健機関は古いシンスを回収し、無料でアップグレードするといいます。ジョージは新型モデルの介護用シンスレベッカ・フロント『ルイス警部』)を受け入れたものの、オディが廃棄されないよう彼を隠します。

 

私は、今シーズンの最初と最後とで、中産階級のごく普通の家族ホーキンス一家に寄せる印象が変わりました。それは、はい、より良いほうに。いくつか謎や疑問が残っていますが、それは次シーズンで解消されるでしょうか。

現在、シーズン2がHuluで週1配信されています。引き続き、私も見るつもりです。

 

海外ドラマ Netflix『SAFE 埋もれた秘密』

これもNetflixのポータル画面でやっていた予告編を見て、そのまま本編を見たパターン(まんまとNetflixの戦略にはまってますねー)です。マイケル・C・ホールを見つけて、「再生」ボタンをクリックしました。

ちょうど少し前から、Amazonプライムで『シックス・フィート・アンダー』(以下、シックスフィート)を見始めたところでした。シックスフィートは2001年から始まったHBO作のドラマシリーズで、スパドラで放映されていたらしいですが、当時はまったく知らなかったです。舞台となる葬儀屋を営むフィッシャー家の次男をマイケル・C・ホールが演じています。なんか不思議なドラマです。

ホールの知名度はどちらかというと『デクスター 警察官は殺人鬼』のほうが高いかもしれません。シックスフィートが終了した後、2006年からスタートしたシリーズで、8シーズンも続きました。デクスターと妹のデボラを、顔も中身も濃いなぁーと思いながら見ていました。

さて、SAFEは何の情報も持っていなかったので、最初は少々混乱しました。アメリカの俳優マイケル・C・ホールのほかにアマンダ・アビントン(『シャーロック』)が出てきたからです。ここはアメリカ?イギリス?どっちなのと。その後に、プール付きの立派な家に住むマーシャル家のパパ、ジョジョ(ナイジェル・リンゼイ)がこてこてのブリティッシュ・アクセントで話すのを聞き、たぶんイギリスなんだろうね、という結論に至りました(間違っていなかったです)。

英国俳優がアメドラやアメリカの映画に出ることは多いですが、その反対のパターンは珍しいような気がします。そして、ホールとアビントンって、かなり意外性のある組み合わせだと思いませんか。

ホールはアクセントを変えて英国に溶け込もうとしていましたが、ネイティブの人から見たらどうだったんでしょうね。もちろん、私の英語力では何の違和感もありませんでしたがー。

以下ネタバレしないように書いていますが、ストーリーには触れています。

f:id:misasa104:20180516200754p:plain
SAFE 埋もれた秘密 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

妻レイチェルを病気で亡くした外科医トム(ホール)はゲーテッド・コミュニティにある高級住宅地で2人の娘を育てています。妻の葬式の回想シーンで、トムは娘ジェニーにそっと謝っていました。それに対する娘の返事は「そうね(Yeah, right)」。母の死を通して、父娘の間には亀裂が生じたようです。

ある日、16歳の長女ジェニー(エイミー・ジェイムス・ケリー)とそのボーイフレンドのクリスはパーティに参加した後、行方がわからなくなります。翌朝、娘が帰宅していないことに気づいたトムはパニックになり必死に娘を探します。幸運なことに、彼には助けてくれる友人ピート(マーク・ウォーレン)がいました。ピートはトムと同じ軍にいたこともある同僚で、二人はまるで刑事のバディのように(実際には二人とも医師なんですけれどもね)、パーティ後のジェニーの足取りを追います。

そしてもう一人の友人は、ソフィー・メイソン(アマンダ・アビントン)、こちらは本物の刑事です。メイソン家とは何年も前から家族ぐるみで付き合っています。現在、夫と別居しているソフィーはトムと友人以上の関係になっており、二人はジェニーの捜索に関する情報を共有します。

最近になり、ソフィーに新しい部下(ハンナ・アータートン)が増えました。エマは都市部から転勤してきた若い女性です。自ら移動願いを出したその背景には、何か明確な狙いがありそうです。

 

物語の進行がもたもたしないのがいいです。各エピソードの最初には、それまでの回で解き明かされた事実が映像でフラッシュバックされ、またエピソードの終わりはクリフハンガーというパターンがわかりやすいです。

後半からは謎を知りたい一心で一気に見ました。私は、後々になってジョジョが白状したことで、犯人がわかってしまいました。皆さんもわかりましたか?

なので、その後の展開として、犯人がもっと悪あがきするかと期待していたんですけれど、そうはならなかったですねー。

#私はこのドラマを見ながら、"Everybody lies." と言うDr.Houseの顔を何度も思い浮かべました。 

 

年齢を重ねると、からだのフォルムってやっぱこうなるよねーと先日書いた『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』を自嘲気味に見ていた私ですが、マイケル・C・ホールは、シックスフィートからあまり変わっていないようでした。

そのホールは、このドラマに続きはないと公言しているようですが、ぜひ次シーズンを作ってほしいなぁ。トムの友人ピート(パフォーマンス良かったです)の今後も見たいですし。

 

海外ドラマ『ブロードチャーチ3〜殺意の町〜 最終章』

WOWOWで放送していたのを録画して見ました。最初に見たときは、次シーズンがあるとは思えませんでしたが、シーズン3まできましたね。そして、このシーズンをもって終了でしょうか。もっとデイヴィッド・テナントとオリビア・コルマンの名コンビを見たい気もしますが。

以下ネタバレあります。犯人は書いていませんが、ストーリーには触れています。

f:id:misasa104:20180513120151p:plain
Broadchurch | BBC America

アレック・ハーディ(テナント)とエリー・ミラー(コルマン)は、親友の誕生日パーティーの後に49歳のトリッシュ・ウィンターマン(ハッピー・ヴァレーのS2で浮気相手の女性にひどい目にあう刑事の妻だった人です)をレイプした犯人を追います。

トリッシュが多くを話さない代わりに、レイプキット、証拠収集、聴取、知人からの厳しい扱いなど、レイプ被害の余波がドキュメンタリー・タッチで描かれます。被害者は打ちひしがれて一気に何歳も歳をとったように見えます。

実際、最初に画面に登場したトリッシュを見たとき、実際の年齢よりも上だと思いました。なので、あとから実際の年齢を知ったときは驚きました。

 

ハーディはせっかち(犯人が野放しでいることに焦っているということもあります)で、いつも気分が悪く何かに怒っているように見えます。一方で庶民的で人情派のミラーは、必要なときに彼を叱ったり慰めたりします。二人とも十代の子どもを育てるために、ときに悩み、自分のやり方で努力しています。

二人がトリッシュの自宅を訪れたとき、ミラーが別の部屋に行っている間にテナントが早速トリッシュに話しをきいているのを見て、ミラーは苦言を呈します。「まずはお茶を入れて飲むの!」。私もそう言おうと思っていたところです。

 

最初のシーズンで起きた11歳のダニー・ラティマーの死は海辺の町を震撼させましたね。あれから時を経た今でも町はダニーのことも忘れていません。

ダニーの父親マーク(アンドリュー・ブキャン)は、無力感と前シーズンで出た無罪判決に苦しんでいます。そのことで、妻ベス(ジョディ・ホイータカー)との距離は広がります。ベスは他の人を助けるためにケアワーカーとして働き、トリッシュのカウンセラーをし目的を見出そうとしています。 

 

今シーズンの事件の被害者トリッシュと親友キャスとの間で交わされる会話は興味深かったです。ある事実が判明してからのそれは、同姓としてかなり苦々しい思いで見ていました。女性同士の友情、裏切り、確執、そして寛容は、かつてエリーとベスが今の関係を築くまでにどれほど多くの時間が必要だったのかを思い出させてくれました。

 

もし、見逃した方がいたら、5月30日、31日に再放送が予定されています。
WOWOWオンライン

 

関連記事:海外ドラマ『ブロードチャーチ 殺意の町』